避難所の太陽光発電システムに神奈川県が補助金支給!

非常時に地域住民の集まる避難所等には停電に対する備えが必要ですが、神奈川県はまだまだ備えが不十分のようです。

そこで、備えが不十分な拠点を対象に太陽光発電システムと蓄電池を導入することで整備を進める方針のようです。

神奈川県では県内にある防災の拠点と広域避難所に太陽光発電システムを設置する事業に補助金を支給することを明らかにしました。県内には防災の拠点が267か所、広域避難所は562か所あり補助率は自治体が対象の場合は全額を、民間施設が対象の場合は1/3を補助してくれるそうです。

神奈川県が提示した防災拠点への再生可能エネルギーを導入する事業が環境省の「再生可能エネルギー等導入推進基金」の交付対象として選ばれ、補助金の総額は1,000,000,000円だそうです。

こちらの補助金は太陽光発電や風力発電システムを導入支援するものですが、どちらのシステムも天候や時間帯によって発電量に変化があり安定しないため、リチウムイオン蓄電池も合わせて導入することが支給の条件になっています。

万が一の時にしっかりとした設備が備わっているとそこに住む人たちも安心して暮らすことができますね。このような制度がどんどん増えて広がっていってほしいですね。

2012年05月08日 |

カテゴリ: 太陽光発電

»
«

マンション・アパート・産業用発掘隊

太陽光発電なんでも質問コーナー

エコキュート ネット上最安値

サンキャッチ

ソラフル

電気自動車用充電スタンド